看護実習は看護師になるためのハードル

看護師になるためには専門教育が行われますが、特に重要視されるのが「看護実習」です。 看護師の学校に入学する人は「看護師になろう」という高い志を持っていますが、途中で挫折してしまう人もいます。 そんな躓く人が多いのが「看護実習」と言われています。

看護実習では、実際に病院において実践的な看護を学びます。 注射や外傷の処置などの実技を学ぶだけでなく、病院での働き方全般を見ることになるので、楽しい事ばかりではありません。 看護実習を受け入れている病院は規模が大きく、忙しいことが多いため、実習は非常にハード。 看護師はただでさえハードな仕事と言われており、実習でくじけてしまう、という人も少なくはありません。

忙しい病院では、先輩看護師から厳しく叱られたり、ゆっくり指導の時間を取ることができないこともあるため、看護師になるためにはこの実習が大きなハードルになります。 ただ、看護実習は実際に患者と触れ合って、看護の基礎を学ぶため、より看護師になろうという意欲を掻き立てるものにもなる貴重なものです。

注目記事

banner
看護実習は看護師になるためのハードル

記事を見る

banner
正看護師と准看護師の違い

記事を見る

banner
認定看護師って何?

記事を見る

Copyright(c) 仕事の内容や疑問を知って看護師になろう. All Rights Reserved.