正看護師と准看護師の違い

看護師は大きく分けて「准看護師」と「正看護師」に分けることができます。 正看護師は国家資格免許ですが、准看護師は都道府県の認定免許となり、まず免許が違うというのが正看護師と準看護師の相違点。

また、正看護師は自らの判断によって、主体的に看護ができますが、准看護師は医師や正看護師の指示に従って看護を行わねばならず、自身の判断での看護はできません。 これが正看護師と准看護師の最も大きな違いになります。 ただ、患者が仕事の内容だけを見て正看護師と准看護師を区別することはほぼできません。

准看護師は、その名の通り看護師に準ずる立場ですので、全体的に見て給与水準は正看護師>准看護師となります。 ただ、これは勤務する病院や勤務形態によって水準が違う、というのが実際のところです。 同じ勤務先で比較した場合、准看護師と正看護師では給与を始めとする待遇も正看護師>准看護師という格差が大きく、准看護師の廃止論も出てきています。 ただ、現在は准看護師として働く人も多く、廃止論に反対する声もあります。

注目記事

banner
看護実習は看護師になるためのハードル

記事を見る

banner
正看護師と准看護師の違い

記事を見る

banner
認定看護師って何?

記事を見る

Copyright(c) 仕事の内容や疑問を知って看護師になろう. All Rights Reserved.