認定看護師って何?

看護師の中にはより専門的な知識や技能を持った「認定看護師」というものがあります。 この認定看護師は特定の分野において高い技能と知識を持った看護師を認定するもので、看護師のキャリアの一つとなります。

現在、認定看護師が設定されているのは17の分野。 救急看護 ・皮膚・排泄ケア・集中ケア ・緩和ケア ・がん性疼痛看護・がん化学療法看護 ・感染管理・訪問看護・糖尿病看護・不妊症看護 ・新生児集中ケア・透析看護 ・手術看護 ・乳がん看護 ・摂食・嚥下障害看護・小児救急看護・認知症看護 の分野に認定看護師がいます。

認定看護師は看護師(助産師・保健師)の国家資格免許を有し、実務経験が通算5年以上かつ、3年以上の期間において認定看護分野の経験がある事が必須条件となります。 その上で6ヵ月以上、600時間以上の認定看護師教育課程を受講して初めて認定看護師となります。 この認定看護師教育課程を受講するのにも選抜が行われるため、認定看護師は非常に狭き門なのです。

注目記事

banner
看護実習は看護師になるためのハードル

記事を見る

banner
正看護師と准看護師の違い

記事を見る

banner
認定看護師って何?

記事を見る

Copyright(c) 仕事の内容や疑問を知って看護師になろう. All Rights Reserved.